埼玉県川口市・さいたま市・越谷市・蕨市・草加市のハウスクリーニング、エアコンクリーニングはユーハピネスにお任せください

埼玉県のハウスクリーニングはユーハピネス
お問い合わせフォーム

新開発 マイクロバブル工法とは

①2種類の特殊洗浄剤②独自開発の機材を使い、風呂釜配管内のレジオネラ属菌や大腸菌等の雑菌、皮脂や湯垢等の汚れを丁寧に除去します。特殊洗浄剤は塩素系を使用しないので、配管や風呂釜を傷つけることはありません。
また、人にも無害なので赤ちゃんやお子様のご入浴にも安心・安全で、清潔な環境を保つことができます。配管内を高圧で洗浄する工法ではありませんので、給湯器等を壊してしまう心配もありません。独自開発の機材が発生させるマイクロバブルと身体や環境に優しい2種類の特殊洗浄剤が配管内の頑固な汚れを落とします。

① 2種類の特殊洗浄剤とは

【液体洗浄剤(中性)】
防藻効果やバイオフィルム(ヌメリ)の付着を防止する効果があり、人体に無害で細菌に対し除菌力があり、古くから除菌剤や環境洗浄剤として広く使用されている。
 
【粉末洗浄剤(弱アルカリ性)】
自然界に存在する天然ミネラルが元となる過酸化ソーダが主原科のエコ洗浄剤で、酸素の力で汚れを落とします。(重曹とよく似た構成です)
※作業させて頂くスタッフは素手で作業を行います。(優しい成分です)

② 独自開発の機材とは

特殊装置からマイクロバブル(微細な気泡)を大量に発生させ、配管から汚れを浮上させる機材です。

マイクロバブルとは?

マイクロバブル

わずか1/1000mmの極めて小さな泡のことです。
通常は水の中に出来る気泡の大きさは直径数ミリ程度ですが、マイクロバブルはその泡の更に1/1000以下という驚異の小ささ。

〜新開発マイクロバブル洗浄のメカニズム〜

ステップ1:浸透  マイクロバブルの泡の力で汚れに作用する
独自開発の新機材によって発生させた高密度のマイクロバブルで混合した
2種類の特殊洗浄剤を風呂釜配管全体に十分に循環させる。
↓  
ステップ2:吸着  マイクロバブルが泡に吸着する
マイクロバブルも持つ帯電性は表面がマイナスに帯電しているため、プラスの電位を帯びているバイオフィルム(ヌメリ)等を吸着し汚れを取り込む。

ステップ3:分解  吸着させた汚れを分散して、表面から引き離す
マイクロバブルの疎水性は、お風呂の配管に付着した汚れや油分に衝突する事によって吸収し剥離させる。

ステップ4:再汚染防止  一度表面から離れた汚れが再び表面に付着するのを防止する
十分に除去出来るまで何度でもこの洗浄を繰り返します。もちろん追加料金は頂きません。

③ プロの専門技術

これまでの洗浄事例や知識(プロの考察)を活かし、給湯器から追いだき配管の隅々まで、じっくり丁寧に洗浄します。
単に洗浄してキレイにするのではなく、キレイを維持する為のご提案や、お掃除全般のご相談もお受けいたします。

 『風呂釜洗浄PRO』の技術は、パイオニアである株式会社コーデテーラー社が、独自に開発したオリジナルの専門技術です。一般のご家庭からのご依頼はもちろん、マンション管理会社、大手ガス会社、大手ハウスクリーニング会社からの依頼も多数あります。従来プロの清掃業者は高圧洗浄機で配管清掃を行ってきました。高圧洗浄機での清掃は洗浄ノズルの挿入可能な箇所のみの洗浄となり、洗浄によって破損の危険性もありました。新開発のオリジナル専門技術は、風呂釜配管の全てを洗浄し破損のリスクもありません。長年培われた歴史・信頼・実績で、全国20,000件以上の実績があります。
 『風呂釜洗浄PRO』の技術講習を受けたプロのスタッフがお伺い致します。

レジオネラ症ってなぁ〜に?知らないと怖いお風呂の雑菌

レジオネラ属菌による感染症で、水中や土壌など自然界に広く生息し、私たちの生活の中にどこにでも潜んでる微生物です。
一般的に循環式浴槽(お風呂の配管・加湿器のタンク)など水温20°C以上には細菌をエサとするアメーバが多数生息し、繁殖するアメーバに対して1個体あたりのレジオネラ属菌はなんと1000個。
レジオネラ属菌の大好物はアメーバです。
そのレジオネラ属菌がもっとも増殖するのは36°C前後になります。

近年、全国的にレジオネラ症の発生件数は増加傾向にあります。
高齢者、乳幼児、免疫力が低下している方が感染しやすいです(人から人へは感染しません)。

レジオネラ症
レジオネラ属菌に汚染されたエアロゾル(目に見えほどの細かい水滴)を吸い込み「呼吸器→肺」に感染するとされています。

レジオネラ症

特にレジオネラ肺炎の方は、病勢の進行が早く適切な処置が行なわれないと最悪のケース「死に至る」場合もあります。
※実際に家庭用加湿器が原因と推定され,重症呼吸不全を呈して死亡したレジオネラ肺炎の死亡事例がありました(添付)

では、皆さんがお使いの追いだきの温度は?・・・
38°C?40°C?
いづれもお湯は36°C以上でお使いですね。
健康だから罹らないのではなく、誰にも感染するリスクがあります。

レジオネラ症の発生を防ぐために

  • ●浴槽のお湯は毎日交換する
  • ●定期的な追いだき配管の洗浄を行う(レジオネラ属菌をつけない、増やさない)

浴槽汚染度の測定(ATP測定)

ATP(アデノシン酸)とは?
地球上のすべての生物の生命活動を司るエネルギー物質であり、食物、細菌、カビ、その他の微生物にもATPは存在します。(逆に、金属などの生物以外のものには存在しません)
そのため、ATPが存在するということは、そこに生物あるいは生物由来の生産物が存在する証拠になります。

ATP測定法とは?
すべての生物の細胞内に存在するATP(アデノシン酸)を発光させ、その発光量(RLU:RelativeLightUnit)を測定する方法です。
ホタルの生物発光原理を応用した測定方法で、極低レベルのATP量まで測定する事が出来ます。

ATP測定法のバラツキについて

  1. ①測定する浴槽水(水道水)自体がお住まいの地域によってバラツキ(0~30RLU)があります。
  2. ②測定には最新の注意を払っておりますが、バックグランド汚染(大気汚染:常時観測される残留汚染)の影響で測定のベースである高清浄度(清らかで汚れのない状態)の測定が困難。その為、実際より高いRLUとなる可能性があります。
  3. ③現在のATP測定は、すべての生物、生産物が測定され、「汚れ」と「細菌」を区別することは出来ません。
  4. ④極低レベルのATP量まで測定が可能な為、高数値のRLU測定値になります。